Get Social

包茎にも種類がある!自分の症状を知って治療しよう

日本人に多い症状とは?

包茎とは男性の性器に起こる症状のことであり、3つの種類に分ける事ができます。自分の症状を知ることができれば治療もしやすくなりますよね。日本人に最も多いと言われている症状が仮性包茎で、これは正常の時には亀頭が包皮に包まれていますが、勃起すると包皮が剥ける状態をいいます。包皮を被った状態でも自分の手で簡単に剥く事ができますが、症状がひどくなると勃起しても包皮を被ったままになってしまいます。自分は仮性包茎かもしれないと思ったら一度診察してもらうと安心ですね。

亀頭を締めつけてしまう包茎とは?

包茎には他にも種類があります。無理に包皮を剥けば亀頭を露出させる事ができますが、包皮口が狭いため亀頭の下部分が包皮に締めつけられてしまいます。それによって亀頭に痛みが出てしまったり、鬱血してしまうこともあるのです。鬱血した状態が長く続いてしまうと亀頭が壊死してしまうなどの恐れもあるので早めに診察してもらった方が安心ですよね。痛みがあったり性行為の際に弊害が出ている場合には自分だけで悩んでいないでまずはカウンセリングから始めてみましょう。

すぐに治療が必要な症状とは?

包茎の中で最も深刻な症状は真性包茎です。これは全く亀頭を露出できない状態であり、亀頭と包皮が癒着している可能性が高いのです。真性包茎は手術する以外に治療方法がありませんので、この状態であると気がついたらすぐに病院で診てもらった方が安心です。長く放置しているとばい菌や汚れが繁殖してしまい炎症を起こしやすくなってしまいます。また汚れが溜まることによって臭いが出てしまったり、包皮に邪魔されることによって正常に発育できないこともあるのですよ。

包茎でコンプレックスを持っている場合には専門のクリニックなどで余った部分を切除することで改善することが出来ます。

Comments are closed.