Get Social

心療内科とは一体どんな病気を診てくれるの?

心の病、うつ病など精神的な病を診てくれる病院

最近5月病という病気をよく見聞きしますね。5月の季節は春、木の芽が芽吹いて、春から初夏へと移り変わり、新学期、進学、就職など新しい行事が始まり、様々な事柄が東奔西走します。そんな折、ふと振り返ると疲れがどっと迫ってきて、心身ともに参ってしまうことを示します。仕事や学校へ行きたくない…そんな気分に陥ってしまうのも5月病の特徴で、その5月病が進展すると取り返しがつかない酷いうつ状態になってくるケースもあるんです。うつ病には躁うつ病といって、落ち込んだり気が晴れ晴れしたりを繰り返す病気もあるんです。

心の変化を感じてしまったら受診しましょう

心療内科は、気分の落ち込みや、やる気が起こらない状態、悲観的になるなど心の異変を感じてしまったら診て頂くことができる病院です。自分では気が付かないけど、周りの人から「最近ちょっとおかしいわよ」なんて注意されたことってありませんか?自分では気付かないない内にどんどん進行していく場合もあるので、少しでも異変が起きたら心療内科へ行きましょう。初期の場合は治りやすいので、できるだけ早めの受診をしましょう。

決して治らない病気ではありません

心の病には様々な病気があります。なんとなく最近寝つきが悪くなった…そのような経験はありませんか?眠れない状態が長く続くと心労が進んでしまい、単なる不眠だけでは片付けられない場合もあるのです。心の病気は、ちょっとした異変から始まります。自分の心の変化などをしっかりと見極めることも大切なことですよ。また、心の風邪とよばれているうつ病は決して治らない病気ではなく、心療内科でしっかりと診て頂き、適切な治療を行うことで完治します。

気持ちが前向きにならない、いつも気持ちがどんよりしている。それはもしかして、ストレスやうつなのかもしれません。一人で悩まず岡山の心療内科でお話ししませんか?

ページ:123