Get Social

もしかしてうつ病かも?気になる場合は一人で悩まず専門家に

心の病も素人判断は危険

体がだるくて朝起きられない。ぼうっとしやすくなった気もするし、やる気もおきない。そういった場合、その理由については疲れているから、で済まされがちです。最初はそうなのでしょう。仕事が忙しいなどで疲労がたまっているのに溌剌としていられるはずがありませんからです。でも、その状態が長く続いた場合はどうでしょうか。やっと休日になったのに、羽根を伸ばしに行く気ににもなれずただ寝ていたい。前はこんな事がなかったのに、というのを歳のせいにしてはいないでしょうか。

変だと思ったら専門医に相談を

広く知られているうつ病の症状ですが、自覚をした頃には病状がかなり進行してしまっている可能性があります。うつ病によって気力が湧かないという状態では自分一人で生活や仕事の環境を見直したりすることは難しいこともあるため、専門医に頼ることが解決への近道となります。また、うつ病だと自分では思っていても、実際には別の心の病気だったり、もしかしたら体の病気が原因であることもあります。自分で解決するつもりにしても、自分の身に起こっていることを知る必要があるのです。

病院への足が鈍る理由

しかし心の病というと、相談しづらいという心理が働いてしまうかもしれません。もしかして自分は心の弱いダメ人間なのではないか、といった感情で、自分の弱さを人にさらけ出すのは嫌なのは当たり前です。でも、そんなことを考える必要はありません。これは心の病について社会が無知だった頃につくられた印象なのです。がん等になったからと言って責められることが無いように、うつ病もまた一つの病気であるのです。後で重くなる前に医師の診断を受けるのに遠慮をする必要はないのです。

うつ病の治療は、適切な医師の指示のもとで、十分な休息と正しい薬物の使用をすることが大切とされています。

身近に潜む危険が一杯!うつ病に気を付ける

うつ病に対処する最善な方法

うつ病と言えば心が繊細な人がなる特別な病気と思われがちですが、世界全体で罹患している患者さんを探した場合、一億人以上のうつ病患者さんが存在しています。うつ病を発症する切っ掛けはすぐそばに転がっていますので、注意しましょう。うつ病になった場合、早期に病院に行く事が大切です。うつ病は早くに対応する事によって発症後十年以内に完治するケースが大半ですから、みだりに恐れる必要はありません。同時に、うつ病の原因となっている問題を取り除くようにしましょう。

どのような問題がうつ病を発症するのか

うつ病の切っ掛けは多様なものが存在しています。例えば仕事が多忙で睡眠時間が削られた場合、そこからうつ病を発症させてしまう事もあるのです。うつ病は精神的な問題だけでなく、身体的な問題からも生じる事が分かります。少しでも早くうつ病を治療したい場合、病気になった原因を取り除くようにしましょう。人間関係の問題は遠ざけたり解決し、過重労働を強いられる仕事は転職を考えると良いでしょう。こうした問題は周囲の助けが得られる事によってより一層効果的に解消されます。

病院で受けるうつ病治療

うつ病を発症して病院に通った場合、複数の治療を受ける事が可能です。一般的にはまず薬を処方してもらえますので、それによってうつに伴う気分障害や幻覚・幻聴などの問題が解決します。同時に、心の問題からうつ病を発症してしまった患者さんのためにカウンセリングに力を入れている病院もありますので、話を聞いてもらいたい時はこうした場所を探すようにしましょう。また中には認知療法や音楽療法などの治療方法を実践している病院も存在しています。

うつの診断は、精神科のある病院やクリニックで行うことができます。カウンセリングなどを受けて治療を行っていきます。

ページ:123