Get Social

もしかしてうつ病かも?気になる場合は一人で悩まず専門家に

心の病も素人判断は危険

体がだるくて朝起きられない。ぼうっとしやすくなった気もするし、やる気もおきない。そういった場合、その理由については疲れているから、で済まされがちです。最初はそうなのでしょう。仕事が忙しいなどで疲労がたまっているのに溌剌としていられるはずがありませんからです。でも、その状態が長く続いた場合はどうでしょうか。やっと休日になったのに、羽根を伸ばしに行く気ににもなれずただ寝ていたい。前はこんな事がなかったのに、というのを歳のせいにしてはいないでしょうか。

変だと思ったら専門医に相談を

広く知られているうつ病の症状ですが、自覚をした頃には病状がかなり進行してしまっている可能性があります。うつ病によって気力が湧かないという状態では自分一人で生活や仕事の環境を見直したりすることは難しいこともあるため、専門医に頼ることが解決への近道となります。また、うつ病だと自分では思っていても、実際には別の心の病気だったり、もしかしたら体の病気が原因であることもあります。自分で解決するつもりにしても、自分の身に起こっていることを知る必要があるのです。

病院への足が鈍る理由

しかし心の病というと、相談しづらいという心理が働いてしまうかもしれません。もしかして自分は心の弱いダメ人間なのではないか、といった感情で、自分の弱さを人にさらけ出すのは嫌なのは当たり前です。でも、そんなことを考える必要はありません。これは心の病について社会が無知だった頃につくられた印象なのです。がん等になったからと言って責められることが無いように、うつ病もまた一つの病気であるのです。後で重くなる前に医師の診断を受けるのに遠慮をする必要はないのです。

うつ病の治療は、適切な医師の指示のもとで、十分な休息と正しい薬物の使用をすることが大切とされています。

Comments are closed.