Get Social

ネジは世界的な発明?ネジを使わなければ物は作れない!

DIYでも使われるネジ

どんなものでもよく考えてみると私たちの暮らしに欠かせないものだということに気が付きます。ネジというものだけをとりわけ深く考えることもないでしょうが、実はこのネジはあらゆる分野においてあらゆる物の組み立てに使われています。こう考えてみるとネジというものは、驚くべき発明品のひとつなのかもしれません。環境にやさしいエコロジー社会を目指している時代においては「ものづくり」がキーワード、DIYで使用されるネジについて考えてみましょう。

DIYで必要なものとは?

趣味で行う「ものづくり」も精度が高ければ売ることだって出来ます。好きなDIYを活かしてネット販売している人も少なからず多いと言えます。趣味レベルでも達人レベルでも基本的に使う工具や道具、部品というものはあまり変わりません。ドリル、ノコギリ、カッター、ボンド、ヤスリなど「ものづくり」に必要なものは沢山あります。ネジという部品は非常にポピュラーな部品ですが、ネジを使わずに組み立てたり修理したりすることは不可能といってもよいでしょう。

ネジがナメてしまわないように気を付けよう

電動工具も使ってDIYを行うという人も多いようですが、材料を切断したり、穴をあけたりする時には非常に便利な工具として一般的に使われています。木材で組み立てる場合、木ネジは欠かせません。電動工具を使えば穴あけやネジ閉めが簡単に行えるので電動工具を持っている人は多いでしょう。ネジのトラブルでは、ネジのナメがあります。ネジがナメてしまう原因としては過度な力が加わっていたり、回す方向を間違えたり、ネジにあったビットを使っていなかったりと色々な原因が考えられます。

ねじの販売が人気となっており、安定した利益を生み出す事が出来ると同時に大きな利益を生み出す事が出来るビジネスです。

こんなにある!いろいろなネジの種類や用途について

ボルト類の特徴や役割について

部品同士を締結し固定するネジをボルトといいます。ネジの中でも六角ボルトは、一般的になっており、レンチやスパナで締めることが可能なんです。大型の機器や建設に使われることが多くなっています。この他、リングがついておりチェーンやワイヤーを付けることが可能なアイボルト、工具を使用しなくても人の手だけで締めることができる蝶ボルトなど多くの種類があるんですよ。材質はアルミ合金、ステンレス、樹脂などが使われています。

子ネジが使われている場所や目的について

プラスドライバーを使って緩めたり締めたりすることができるタイプを、子ネジといいます。一番使われるものは、丸みがある鍋のような頭部が特徴的なナベ子ネジなんですよ。使用用途が広く、安価なので車両や家電などいろいろな場所で見ることができるんです。この他、木材の固定をする際に便利で、ドライバーで簡単に外すことができる木ネジや、モーターの回転部分などに使われる止めネジなどがあるんです。日常生活に欠かすことができないタイプの、ネジなんですよ。

ボルトなどと一緒に使うナットについて

ネジやボルトと一緒に組み合わせながら使うものをナットといいます。最も多く使われるものを六角ナットといい、交通標識や精密機械、建築物など多くの場所で確認することができますよ。他にも溝にはめ込んで使えば、簡単に締め付け作業ができる板ナットや、リング状の頭部にワイヤーやチェーンを通して使えるアイナットなど、いろいろな形状のナットがありますよ。強固な取り付けが可能になるなど、安全性を高めるために重要なものなんです。

ねじの販売を利用する時には、ねじのピッチと太さを考慮する必要があります。自分が欲しいねじは何なのかを把握するのです。

ページ:123