Get Social

フックをかけるじゃなくて活用してみよう!

フックを使ってごちゃごちゃしやすいものをリカバリー

フックを壁に貼り付けたりして万能なフックですが、活用方法を広げてみてはよいと思いますよ。例えば、LANや電源などのケーブルがごちゃごちゃすることがあると家の中もごちゃごちゃして見えてしまうでしょう。そこでフックを使って整理する手もあります。同じ整理としてもスーパーの袋をフックにかけてしまう手もあります。実際に家の中でごちゃごちゃしてしまうものがあるようでしたら、フックを使って整理してみるとスッキリするかもしれませんよ。

ストッパーとしての役割も果たす

フックはものによって大きいものがありますので、大きいフックを利用して物のストッパーとしての役割を果たしてくれたりします。例えば、キッチンでよく使うサランラップやアルミホイル、キッチンペーパーをフックを使用すればキッチンの空間を上手に利用できてしまいます。また、ゴミ袋のストッパーにすれば、捨てる場所を整理することができます。フックの頑丈さを利用して少々軽いもののストッパーになれば空間の活用になりますのでよいと思いますよ。

身近なものもフックにかけてみましょう

フックを使用する際、身近なものをかけてみるのもいかがでしょうか。例えばメガネや歯ブラシ、時計、キッチン用品、インテリアでも使用するリースなどなど、フックの活用先は多種多様です。細かいもののせいで部屋の整理ができないという方がいましたら、フックを使って空間を上手く利用してみてはよいと思いますよ。フックを上手く使えたら、整理だけではなくもしかしたら部屋のインテリアに様変わりして友人を呼べたりするかもしれません。

ボクシングのパンチには色々な種類がありますが、その一つがフックです。曲線的に拳を打ち出すのが特徴です。

Comments are closed.