Get Social

日頃から備えておこう!耐震関連金具の種類について

L型の家具転倒防止金具

地震の際に建物内で被害を受けやすいのは、タンスや書棚などの大型家具の転倒による負傷が多くなっています。壁際に家具を置いて置くだけでは地震の際の横揺れで簡単に転倒してしまいますので、普段から転倒防止用金具を取り付けて置くことがとても重要です。大型家具の転倒防止用金具で最も一般的なものはL型金具であり、壁と家具の両方にビス穴を開けて専用ビスで固定すると、地震の際の揺れによる転倒を防ぐことができますよ。

隣の什器と繋げる連結金具

家具の転倒防止対策の一つとして、隣り合う家具通しを連結することで、倒れにくくする効果が期待できますよ。細長い家具は特に地震の際の揺れで転倒するリスクが高くなりますが、細長い家具通しを連結用金具を利用して繋ぐだけで接地する面積が増えますので、その分倒れにくくなります。図書室などの書架が多い場合で、壁固定用の穴を開けたくない場合は、連結金具を用いる方法で転倒防止対策がある程度可能になりますので、覚えておきましょう。

転倒防止用チェーン付き金具

大型家具にL型の転倒防止金具を取り付ける場合は、壁の下地に補強板が必要になる場合があり、家具を配置している場所に補強板が取り付けられないケースがありますよね。そんな時は、チェーン付きの転倒防止用金具を利用すると、壁側に金具を取り付ける位置にある程度の余裕が出来ますので、家具の配置を優先して転倒防止措置を実施することができますよ。狭い部屋で家具の配置が決まってしまっている場合などは、チェーン付き転倒防止金具で対応してみましょう。

器物に用いられている金属製のパーツのことを金具と言い、丸カンやボールチップ、マンテルなど様々な種類があります。

Comments are closed.